鍵紛失に対応・いつでも対応することがキ~になる

セキュリティ

かけるだけでは意味がない

泥棒

鍵をかけるだけでは意味がないこともあります。鍵をかけてもその鍵を紛失してしまうと、鍵を解錠されてしまうためです。鍵を紛失したらピッキングされないよう交換してもらうことが大切です。

Read More

盗聴に気をつけよう

ガードマン

盗聴や盗撮はプライバシーを侵害する犯罪行為です。それを防ぐためには、盗撮や盗聴に対する警戒心を身につけておくことです。盗聴器や盗撮器が無いかよく確かめるといでしょう。

Read More

徹底的に対策

鍵

犯罪抑止のための、防犯カメラは画質がいいといわれています。犯罪を防ぐためにも防犯カメラを取り付けて徹底的に対策することが大切です。住宅の外に監視カメラを取り付けるといいでしょう。

Read More

鍵を見つけよう

ドア

「鍵開け」、「盗聴器発見」、「防犯カメラ」、普段から普通に生活していたら、あまり聞かないような言葉ではあるかもしれませんが、これらの共通のことが見えてくるものがあります。それは、身の安全を守るいわゆる防犯としてのツールです。できれば、普段の生活で「鍵開け」、「盗聴器発見」、「防犯カメラ」というものにお世話にならずに暮らしていきたいと思っていても、今の社会ではなかなか難しいものです。昔の生活では、鍵を閉めるという事をしなくても安全だった話を聞きます。
それは、なぜかというと、その地域・村に住んでいる人々全員顔見知りだったという点です。他所から来た人は大変目立ってしまうぐらいだったそうで、盗みなどの犯罪もしにくかったそうで、言わば顔見知りが防犯カメラのような役割を果たしていたのかもしれません。現在の社会はというと、隣に住んでいる人の顔すら知らず、挨拶もほとんどしない、住んでいるのかいないのかすら知らない。そして、都会の真ん中の一室で一人寂しく息を引き取る孤独死…人と人との繋がりの希薄さが犯罪を抑止出来ない現状なのかもしれません。また、人と人との繋がりの希薄さのため、一人に対する感情のなどの入り込みが重たく、いつまでも関係を迫るようなストーカー犯罪も増えてきています。合鍵を勝手に作ったり、部屋に盗聴器を仕掛けられハウリングやノイズで盗聴器発見したり、堂々と防犯カメラに映っていても入り込んでくる物騒な社会ではありますが、結局のところ、最終的に身を守るのは貴方自身の問題なのです。そのため、鍵紛失した際も、業者に依頼して対応することが大切です。では、「鍵開け」、「盗聴器発見」、「防犯カメラ」を詳しくみていこうと思います。鍵紛失に対応してくれる業者が鍵開けにも対応してくれます。